AIU留学生保険

【保険に関する資料請求は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。】

イギリスには、公的医療機関(NHS病院)と私的医療機関(私立病院)があります。NHS(National Health Service)とは、イギリス政府の運営する国民健康保険の制度です。私達、日本人も到着後1年を経過すれば(就業者、6ヶ月以上の留学生は到着時から)このNHSに加入することができ、NHS病院での受診は歯科の実費以外は無料です。ただし、薬代は一律7ポンド(約1400円:*1ポンド=200円)程度の負担となります。

NHS病院で治療を受ける場合は、地元でお世話になりたいGP(General Practitioner/家庭医)を決め、簡単な健康診断を受けて事前に登録しておく必要があります。GPを登録する場合は、事前に電話で新規登録を受付けているか確認をしましょう。GPの中には患者数が許容量を超えているため、新規の登録を拒まれる場合もあります。NHSは利用者の数が増加し続ける割に医師が足りていないので、いろいろと問題があるのも事実です。例えば、NHS病院で手術となると、ウエイティングリストに名前を載せて、少なくとも2~3ヶ月待たなくてはなりません。また、必ずしも自分の希望する病院で受診できるとは限りません。

このような厄介から開放されるためには、プライベートベースの私立病院を選択することです。こちらはお金さえ払えば、いつでもすぐに診察してもらえます。手術が必要な場合でも医療機器は最新鋭で名医が揃っていますし、日本語が話せるまたは日本人の医師もいます。ただし、高額の治療費の負担は覚悟してください。初診料だけでも80ポンド請求されることは普通です。

日本人が長期に渡ってイギリスで快適な留学生活を送るためには、健康であることが大前提です。慣れない土地で暮らす訳ですから、生活のリズムを見失いがちで、健康を損なうことも大いに考えられます。そんな時は、無理せず日本人の医師に診てもらいたいものですね。留学生保険に加入していれば、迷うことなくプライベートベースの日本人の医師に診てもらえます。イギリス留学センターでは、留学生保険のAIU保険会社により「AIU留学生保険」をご案内しています。

EG-UKイギリス留学センターでは、留学生に日本で海外(旅行)保険に加入してくることを強くお奨めしています。

「AIU留学生保険」は、ケガや病気の『治療費用』が自己負担なしに補償されるだけではなく、アパートや家を借りた際の家主への『賠償責任』、入院時に日本から家族が駆けつける場合の『救援者費用』、身の回り品の盗難等の損害を補償する『携行品』等を総合的にセットしたイギリス留学生用プランです。

>> AIU留学生保険の特長

  • 緊急時をサポートするアシスタンスセンターは365日24時間オープン。
  • 日本語スタッフによる24時間サポートサービス。
  • 親切&丁寧な保険内容の説明をお約束します。
  • 治療・救援費用の無制限プランをご用意しました。
  • 歯科治療特約付きプランもございます。
  • セービングプランはタイトなご予算でもOK。
  • 提携医療機関では現金不要で治療が受けられます。
  • イギリス国内でも保険金を受け取れます。


既に日本を出発なされている方は、ご加入いただくことができません。予めご了承ください。

このページから、EG-UKウェブサイト以外へ移動します。EG-UKイギリス留学センターでは保険の内容についてのお問い合わせは受付ておりませんので、保険の詳細や資料請求は、AIU保険総合サイトよりお問い合わせをお願いいたします。また、保険に関する苦情や保険金請求など保険に関する内容は、EG-UKでは一切お取り扱いすることができませんのでご了承ください。

©EG-UK.com All Rights Reserved.