安全で安心なイギリス留学をお考えならEG-UKへ。現地日本人エージェントが幅広くあなたのイギリス留学をバックアップします!

  • 資料請求資料請求
  • お問い合わせお問い合わせ
  • +44-1273-771545

International House Newcastleの留学体験話

M.U.さん

  • 学校名:International House Newcastle
  • 都市:ニューキャッスル
  • 日程と期間: 2018年に3ヶ月

体験話・感想など

この学校についてより詳しくはこちらをご覧ください。

【学校について】

–スタッフや教師の態度はいかがですか?

*スタッフ(レセプション)について

スタッフの方々は親切で、いつも「困ったことはないか」と、気にかけてくださいます。

しかし、間違いが多いです。時間割をインターネットで確認をするのですが、それが正確ではありません。初めは戸惑いましたが、この間違いのおかげで、スタッフへ英語で交渉する力と確認する方法を学べました。今になって思うと、生徒の英語力を上げるために、故意に間違いをしていたのかもしれません(冗談です)。

*教師について

私は在学中、10人の教師に教わりました。全員、大変友好的でした。また、先生方は、授業の中でも繰り返し「失敗しても大丈夫」と、失敗を恐れ発言できない生徒に発言する機会を与えてくださいました。アクセントについては、この学校へ来る前、何人かの友人にイングランドの北部は方言があるから、聞き取りが難しいと言われましたが、それは全く問題なかったです。

*授業内容について

私は一日にグループレッスン1クラス(2時間)、プライベートレッスン1クラス(2時間)を受講していました。グループレッスンは、入学日に筆記テストを受けて、その結果に応じ、クラス分けされ、その中で、会話、作文や文法などを学びます。従って、会話のクラスや文法のクラスというように細かく分かれていません。私の場合、始めは聞き取りと会話が全くできず、悪戦苦闘しました。クラスで何をやっているのか全く分かりませんでしたが、少しずつ聞き取れるようになってきたら、英語での授業が楽しくなってきました。一方で、プライベートレッスンは、自分が学びたいことを自分のレベルに合わせて学べました。私の場合、会話を中心にレッスンを受けました。一度、発音を専門に学んだ先生に発音方法を学びました。グループレッスンでは、一人一人に発音の指導をするのは難しいと思うので、これはプライベートレッスンの特権だと思います。

*課外授業について

週に3回~5回、課外授業がありました。土曜日は、バスに乗って遠出をしました。場所は、湖水地方、エディンバラやアニック城などです。平日も映画、ゲームやパーティーなど、いろんな課外授業が企画されていました。参加は自由です。この課外授業で、多国籍の友人ができる人が多いようです。英語の学習は、クラスルームの中だけではないと言いますが、この課外授業を通して、英語も学べます。

【宿泊施設について】

–スタッフや教師の態度はいかがですか?

*スタッフ(レセプション)について

スタッフの方々は親切で、いつも「困ったことはないか」と、気にかけてくださいます。

しかし、間違いが多いです。時間割をインターネットで確認をするのですが、それが正確ではありません。初めは戸惑いましたが、この間違いのおかげで、スタッフへ英語で交渉する力と確認する方法を学べました。今になって思うと、生徒の英語力を上げるために、故意に間違いをしていたのかもしれません(冗談です)。

*教師について

私は在学中、10人の教師に教わりました。全員、大変友好的でした。また、先生方は、授業の中でも繰り返し「失敗しても大丈夫」と、失敗を恐れ発言できない生徒に発言する機会を与えてくださいました。アクセントについては、この学校へ来る前、何人かの友人にイングランドの北部は方言があるから、聞き取りが難しいと言われましたが、それは全く問題なかったです。

–授業内容や課外活動は充実していますか?

*授業内容について

私は一日にグループレッスン1クラス(2時間)、プライベートレッスン1クラス(2時間)を受講していました。グループレッスンは、入学日に筆記テストを受けて、その結果に応じ、クラス分けされ、その中で、会話、作文や文法などを学びます。従って、会話のクラスや文法のクラスというように細かく分かれていません。私の場合、始めは聞き取りと会話が全くできず、悪戦苦闘しました。クラスで何をやっているのか全く分かりませんでしたが、少しずつ聞き取れるようになってきたら、英語での授業が楽しくなってきました。一方で、プライベートレッスンは、自分が学びたいことを自分のレベルに合わせて学べました。私の場合、会話を中心にレッスンを受けました。一度、発音を専門に学んだ先生に発音方法を学びました。グループレッスンでは、一人一人に発音の指導をするのは難しいと思うので、これはプライベートレッスンの特権だと思います。

*課外授業について

週に3回~5回、課外授業がありました。土曜日は、バスに乗って遠出をしました。場所は、湖水地方、エディンバラやアニック城などです。平日も映画、ゲームやパーティーなど、いろんな課外授業が企画されていました。参加は自由です。この課外授業で、多国籍の友人ができる人が多いようです。英語の学習は、クラスルームの中だけではないと言いますが、この課外授業を通して、英語も学べます。

–この学校の良い点

日本人が少ない。私が在籍していた時は、私を含め4名でした。

町の方々が、優しい。街中で地図を見ていると、必ず何方かが声をかけてくださいます。

 –この学校の改善すべき点

レセプションの適当さ。

 

【宿泊施設について】

–宿泊施設の種類

*寮 二か月

*ホームステイ 一か月

 

–宿泊施設についての良い点

*寮 二か月間

私が住んだNewcastle1は、きれいで住みやすかったです。立地も学校からあるいて15分以内でした。お昼休みには、一旦寮に戻って昼食を食べたり、宿題したり出来ました。私は、台所付きの部屋に住んでいましたが、共同キッチンの部屋もあり、そこでは多国籍の方々と一緒にご飯を食べ、毎日がパーティーのような所もありました。また、ジムもあるので、運動不足解消にもなります。各部屋にトイレとシャワーもあり、その点ではストレスを感じることもありませんでした。

*ホームステイ 一か月間

私は、ホストファミリーに恵まれました。

ホームステイの利点は、なんといっても会話だと思います。学校から帰宅したら、「今日はどうだった?」から始まり、話しをします。寮にいた時と比べると、会話の量はずいぶん増えました。

 

–改善点

*寮 私が住んでいた夏は、夜遅くまで外で騒いでいる人がいました。

*ホームステイ 食事です。改善点というより自分で工夫をした方がよいことでしょうか。やはり、日本食が恋しくなるので、私は昼食時には、自分の食べたいものを食べ、バランスをとっていました。

 

EG-UKについて】

–スタッフの対応や説明、ご意見をお聞かせください。

問題解決のスピードが速いです。私の場合、私の未熟な英語力のせいで大問題が発生し、お昼ごろにEG-UKのスタッフの方にメールを書いたところ、その日の3時に解決していました。

学校を決めるときも、何度も何度もメールのやり取りをしてくださり、私の希望に沿った学校を勧めてくださいました。

この三か月間も、何かあったらEG-UKのスタッフさんに相談できると安心し、イングランドでの生活を送れました。

 

【その他のコメント】

出発前は、私がイングランドで英語を学ぶ事が自分でも信じられませんでしたが、いざイングランドへ来てみると毎日が充実し、楽しめました。また、この学校には、英語の先生が英語教授法を学ぶクラスもあり、そこにはヨーロッパから学びに来る中高年の方が多く、刺激になりました。英語を学ぶのに年齢は関係ないと改めて気づかされました。

 

他の方の体験話もご覧ください。


PAGE TOP